プロフィール

tetsu

Author:tetsu
空間設計堂のセカンドブログサイト、クラシーココチです。ファーストブログよりは少しお気楽な方向で取り組んでいます。住宅設計をしているtetsuが興味をもった暮らしに役立つアイテム、生活に彩りを与えるデザイングッズ、インテリア用品などを紹介していたりします。時々、仕事を離れた時事ネタや身の廻りで起こったことについて感想などを書き溜めます。

ご紹介アイテム・記事

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク






ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クラシ-ココチ
インテリア用品、デザイン家具・小物・グッズ 、ファッションに関するものetc...日々の暮らしに彩りをそえ、こだわりのライフスタイルを演出するグッズ、アイテムを主に紹介します。時々、仕事を離れて時事ネタなども書いていきます。
ラッセルモカシン 個人別注 個人オーダー 7 足を計る
足のデータを作ります。
ラッセルモカシンのホームページに行って→ラッセルモカシンのページへ
左にある Order Form & Fitting Instructions のところへ進み
そこにある足の計測指示書をプリントアウトしました。(おっと、ここに注文書もありますね。)
エキサイト 翻訳web を使って、日本語に訳したものも一応、私はプリントアウトしました。


まず、どんな紙にでも良いようですが、自分の足の輪郭を描き写すことをします。
私の場合、カタログに挟まれていた書式をコピーして、そこに描き写しました。

鉛筆で写し取ります。

手始めに自分でやってみたのですが、鉛筆を垂直にし、一筆で描く(ラッセルの指示とおり?)のは
一応一人で、できたとは思うのですが、自信がもてませんでした。
やはり、ラッセルの指示とおり、他の人に手伝ってもらってやった方が心配なさそう。(せっかく自分の足に合ったブーツを作ってもらうのですから、万全を期して。)

P1000221.jpg


次ぎに各部の計測です。これが実に怪しい...。
正直、どこを計れば良いのか正確にはわかりませんでした。

1.足の親指の付け根のあたりの足周囲寸法(まあ、足において一番広いところの周囲かなと計りました。)
2.足の甲の周囲寸法(足首が完全に終わり、足の甲が始まる位置と土踏まずの最高位置を結んだ周囲かな?としました。)
3.かかとの周囲寸法(足首が完全に終わり、足の甲が始まる位置を中心としたときの、かかとRの最長の位置を結んだ周囲...なんだか表現しにくい...かな?と計測。)
4.足首の一番細いところの周囲寸法。
5.床から7インチの高さ(約17.8cm?でしょうか)における脚の周囲寸法。
6.床から9インチの高さ(約22.9cm?でしょうか)における脚の周囲寸法。
7.床から10インチの高さ(約25.4cm?でしょうか)における脚の周囲寸法。
8.床から12インチの高さ(約30.5cm?でしょうか)における脚の周囲寸法。
9.床から14インチの高さ(約35.6cm?でしょうか)における脚の周囲寸法。
10.床から16インチの高さ(約40.6cm?でしょうか)における脚の周囲寸法。

これらを計るわけですが、これも一人ではまず正確には計れないので、誰かにやってもらうことになります。
私は嫁さんに計ってもらったのですが、イヤイヤながらという感じなので、しっかり測ってくれたのか、今すごく心配しています。(測るところについて不安もあるし、計測者がしっかり測ってくれていたのかの不安もあるので、怪しい話しとなってしまうのです...。)

計った長さはインチに換算しなければなりません。
ここでやっかいなのはインチでは、細かな数値が分数表現になること。3/4とか5/8とか。(本当はそこまで気を配らなくてもよいのかもしれませんが...。)
インチのものさしの目盛りはインチ以下16分割になっているようです。

ネットでインチ換算について調べると、サーフボードもインチで長さが決められているらしく
その筋で換算する計算ツールを見付けました。
T.F SURF SHOPさんの 波乗り用語計算機を利用させて頂きました。→T.F SURF SHOP 波乗り用語計算機へ
これで大体のインチ換算ができます。
ちなみにインチは「″」と単位表示することになります。(7インチは7″と書くみたいです。)
測定しインチ換算した数字を、プリントアウトした表に記入します。

P1000222.jpg

次ぎに質問に答えることになります。これも英語がわからない私には大苦戦でした。
以下は英語が全然ダメな私が、こんな内容かなぁ~と思ったものです。

1.以前ラッセルに注文したことがありますか?
2.初めての注文でないなら....(これがよくわかりません。多分、以前注文した方はラッセルに足についてのデータが残っている(?)かもしれないから、名前や住所を教えてもらえばわかるかも...みたいなことなのでしょうか。私は初めてなので、この質問は当然無視です。)
3.足を計測したとき、羊毛の?綿の?厚手の?薄手の?どんなくつしたを履いてましたか?(かなぁ。綿の薄手の靴下でした...としておきました。)
4.あなたは厚手の?中型の?薄手の?どんな靴下を履きますか?(かなぁ。中型や薄手の靴下を履きます...としておきました。)
5.脚の計測はズボンの上から?靴下の上から?なにもつけず?測りましたか?(かなぁ。)
6.普通あなたはどんなサイズの靴を履いていますか?(かなぁ。)
7.サイズがわからないなら、靴の内側にプリントしてある数字と文字を書いてください。(かなぁ。6で普段履いている靴のサイズとして自分の靴に書いてある数字を記入したので、この質問については無視しました...。6の質問とカブルような、どんな違いがあるのかよくわからなかったです...。何か全然違うことなのでしょうか...。)
8.あなたの身長は?(もちろんフィート、インチ換算して記入。)
9.あなたの体重は?(体重はポンドへ変換。ネットで公開されているポンド変換式を利用させてもらいました。→ポンド変換式へ 
ちなみに単位は lbみたいです。 私は体重70kgだから154 lb と表記しました。lbsとなるのかもしれませんが...その辺は適当に...。英語全然ダメなわけですから。)
10.あなたのふくらはぎは小さいですか?平均ですか?大きいですか?(かなぁ。そんなことわからないので、「すみません。わかりません。」と英文で書いておきました。)
11.あなたの足の甲は高いですか?普通ですか?(かなぁ。これも、そんなことわからないので、「すみません。わかりません。」と英文で書いておきました。)

以上でとにかく終了。
足を書き写した用紙と測定した数字を記入した用紙、質問に答えた用紙の3枚に
とりあえず、名前とネット注文で割り当てられた注文番号(?かな。注文確認の返信メールにある番号です。)を記入し、封筒に入れ...
やっとラッセルに送り出しました。(長い道のりでやっと...という感じですが、今でも不安いっぱいなのですが...。)

P1000223.jpg

ちなみに宛名の書き方はエアメールの書き方→エアメールの書き方へ
を参考にさせてもらいました。

※ちなみに、このブログで書かれた個人オーダーの流れは、あくまで私個人が行った時のものですので、間違いなどが多々あると思います。(いや、当然あるはずです。)あくまで参考に...ということでご理解の上、ご笑覧ください。

スポンサーサイト

テーマ:40代のエンジョイライフ - ジャンル:ライフ


ブログ内検索

スポンサードリンク

アフィリエイト・SEO対策

FC2BLOG