プロフィール

tetsu

Author:tetsu
空間設計堂のセカンドブログサイト、クラシーココチです。ファーストブログよりは少しお気楽な方向で取り組んでいます。住宅設計をしているtetsuが興味をもった暮らしに役立つアイテム、生活に彩りを与えるデザイングッズ、インテリア用品などを紹介していたりします。時々、仕事を離れた時事ネタや身の廻りで起こったことについて感想などを書き溜めます。

ご紹介アイテム・記事

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク






ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クラシ-ココチ
インテリア用品、デザイン家具・小物・グッズ 、ファッションに関するものetc...日々の暮らしに彩りをそえ、こだわりのライフスタイルを演出するグッズ、アイテムを主に紹介します。時々、仕事を離れて時事ネタなども書いていきます。
ラッセルモカシン 個人別注 個人オーダー 6 さて注文
ようやく注文する段階まできました。
注文は、ラッセルモカシンのホームページからする方法がありますし、取り寄せたカタログに挟まれていた注文書を書いて郵送する方法もあります。(他にもあるのかもしれませんが、一般的にはこの2通りではないでしょうか。)

注文書を郵送するのはカード情報を郵便で送るということなので、なんだか不安。
やはりホームページから注文することがベストかなと思いました。
但し、これまた全て英語で書かれたショッピングカートを進まなければいけないという難題でした。(私にとって。)
とにかく、どこかで間違った注文をしてしまうのではないかと不安が先立ちます。
間違えたら、それを修正するのは、またまた大変なのではないかと思うばかりです。

意を決します。(これからはあくまで私が注文したときのことです。)


ラッセルモカシンのホームページへ→ラッセルモカシンのホームページへ

左のBootsのところへ→Pull-On-Bootsを選び→Knock-A-Bout Bootsの画面へ

そのページの PRICING をクリックすると注文の新しい画面が出てきます。

そのフォーム通りに選択していきます。

まず、Men’s を選択。

次ぎにThinsulate保温もしないし、アッパー部の内張(のこと?多分)もしないので
No Thinsulate/No Uppers を選ぶ

足入れ、ブーツ高さは変えないので、Standard Height を選ぶ

ダブルヴァンプにチェック。

ビブラム Air-Bob ソールにチェック(気が変わって2060から変えました。)

大きいサイズについては関係ないので無視して

ORDER NOW をクリック。

画面が変わり、運送の種類を選ぶところに来ます。
余計な費用はかけたくないし、他の内容もわからないので、とりあえず費用が一番かからない(ようです。他を選ぶと追加料金がかかるみたい。)
そのままの UPS Ground を選択。そして Submit your choice をクリック。

そうすると、そこまでの値段がでてきます。

良ければ CHECK OUT NOW をクリック。

ここで
Will this order be shipping to Wisconsin?
なる質問文が出て
Yes かNo を迫ります。

実は私はここでいつも悩みました。注文をもうラッセルへ送りますよ...みたいなことではないかと思ったからです。もう、後には引けないところへ入ってしまうのではないかと不安いっぱいでした。

実はYesでもNoでも同じ画面に行きます。(気弱になって、何度かNoをポチってしまいました...。)

送り先と支払い方法を選ぶ画面に行きます。
カード所有者住所と荷の送り先がいっしょなので
3つある選択肢の1番上を選択。
(多分2番目の選択肢は送り先が違う時なのでは?...多分そういうことだろうと理解して私は1番上の選択肢を選びました。3番目の選択肢は現金振込や小切手の類での支払いなのではないでしょうか。)

画面が変わり、カード情報並びに住所、連絡先を記入するフォームになります。

先頭にメッセージ覧があるので、そこにララミ-スェードで作って、レザーミッドソールを入れてとか、選んだソールの色はブラウンで、とか記入しました。

カード番号
カードの有効期限 月/年
CVVCODE番号(カード裏面の手で署名するところにある7桁?番号の下3桁の数字)
名前
JAPAN (SHIP TO:のところ...カタログの注文書ではこの項があるのですが、ショッピングカートにはあったでしょうか?)
住所(カタログ請求した時のように、もちろん番地からの記入)
郵便番号(ZIP:のところ)
電話番号
(いちおうアメリカから電話があってもということでアメリカからかけられるように番号記入。
ちなみに日本の電話番号 025-***-**** ならば、最初の0をとって、その前に011-81-をつける。つまり、011-81-25-***-**** となるみたいです。間違っていたらすみません。他でもちゃんとご確認ください。あと、時差があるので昼間とか晩とか多分、どうでも良いのかもしれませんが、いちおうこちらの時間で昼間かけてよい、晩かけてよい電話番号か選択...)
メールアドレス

などをそのフォームに従って、記入していきます。(思い出しながらこのブログを書いているので、ところどころフォームに記入する順序や内容がおかしいかもしれません。すみません。でも、大体上記のような内容を記入していくのです。)

ここからは本当に記憶が怪しくて申し訳ありませんが
下のオーダー(?)のところをクリックすると
新たに消費税が含まれた金額情報とカード情報などが出てきます。(...たしか...。)
(消費税みたいのがかかるのか?と心配になりますが、実際に来たカード決済書のようなものには、それは含まれて居らず、メールでやり取りした時に提示されていた明細金額でした。)

それを確認して、再度、下のオーダー(?)のところをクリックすると
すぐに、‘オーダーできました...’みたいな英文が出てきて終了しました(だったと思います。)

メール確認すると、オーダー内容確認メールがすぐに到着していました。

上の(  )内にも書きましたが、ショッピングカートのため、途中の価格結果に税が含まれて表示されてしまいます。また海外発送費も計算されないので、正確な金額はホームページからの注文ではわからないということになります。革を特別にするようなことも反映されませんし。
基本的には製品代+オプション費用+送料+海外発送費の合計となります。
送料は製品代+オプション費用の合計費より算出されるようです。(つまり金額により変動。)
海外発送費は私の場合、日本へ送るのに40ドルかかっているみたいです。(これも注文金額によって変動するのかわかりません。)
やはり、事前にメールで問い合わせておいた方が安心かもしれませんね。

そして、次の日には、ラッセルモカシン社から足についての情報を送ってくださいというメールが届きました。(この時に本当にどれくらいかの金額をお知らせ頂くと、こちらも安心するのですが、そんなことはまったくありませんでした。とにかく足の情報を送ってくださいという簡単な内容のメールでした。)

次は、自分の足を計測する段に入ります。(これが、なかなか怪しい...。)

※ちなみに、このブログで書かれた個人オーダーの流れは、あくまで私個人が行った時のものですので、間違いなどが多々あると思います。(いや、当然あるはずです。)あくまで参考に...ということでご理解の上、ご笑覧ください。

スポンサーサイト

テーマ:30代のライフスタイル - ジャンル:ライフ


ブログ内検索

スポンサードリンク

アフィリエイト・SEO対策

FC2BLOG