プロフィール

tetsu

Author:tetsu
空間設計堂のセカンドブログサイト、クラシーココチです。ファーストブログよりは少しお気楽な方向で取り組んでいます。住宅設計をしているtetsuが興味をもった暮らしに役立つアイテム、生活に彩りを与えるデザイングッズ、インテリア用品などを紹介していたりします。時々、仕事を離れた時事ネタや身の廻りで起こったことについて感想などを書き溜めます。

ご紹介アイテム・記事

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク






ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クラシ-ココチ
インテリア用品、デザイン家具・小物・グッズ 、ファッションに関するものetc...日々の暮らしに彩りをそえ、こだわりのライフスタイルを演出するグッズ、アイテムを主に紹介します。時々、仕事を離れて時事ネタなども書いていきます。
いまさらながら LUMIX DMC-LX2 ~後編~ 
いまさらながら LUMIX DMC-LX2 ~後編~ です。

LX2 が私の手元にくるまで、しばらくかかりました。私が加えて頼んだACアダプターがお店の在庫になかったからです。

その間、正直、待ち遠しいこともあり、LX2ユーザーの先輩たちがLX2について、どのような感想を持っているのか興味が出てきました。(気になるところですよね。)
そこで、価格.comのレビューを閲覧。
先輩達のレビューがあるわあるは。
なかなかこだわり甲斐があるカメラのよう。(OEMのLeicaほどではないにしても。)

その中で興味をもったひとつに、カメラのケースについてがありました。
速写ケースというものがあり、みなさん使っているよう。
確かに、カメラを首からかけるというのは、実利がありそう。(一眼のカメラはよく首からかけていますよね。)カメラをストラップだけで手に持って歩くというのは、カメラをキズつける危険もあり、見た目もあまりよくない。(職業柄か、見た目を第1に考えるというところもあるので。)



ただ、価格.comの掲示板の方を見ていくと、LX2用の速写ケースというものはメーカー純正ではなく、2社ほど作っていたメーカーさんがあったようなのですが、どこも今では手に入らないものだということがわかりました。(すでに売切れなのはもちろんのこと、販売されていた楽天ショップもサービスを止めてもいました。)
もともと販売されていた時も、予約販売で数に限りがあり、ほしい人全ての手には入らなかったくらいのものだったようです。(掲示板に予約締め切られた~なんて悔しいコメントをよく見かけました。)

使われているユーザーさんのブログなどを拝見すると、特にカクヨウさん(こちらが楽天ショップを止めていたのですが)の速写ケースがレトロな感じたっぷりで、よりカメラに愛着をもたせてくれる感じがして私にはGOODでした。

でも、手に入らないもの。
後継機のLX3には速写ケースがメーカー純正であり、それが付かないかなと考えたこともありました。でも、LX3は本体の両側にストラップを掛ける環があるのですが、LX2はひとつ。LX3用ケースには首ストラップを取り付けるところもなく、上手くはいかないと思いました。

では、オークションにでていないかと調べると、以前はあったようですが、今はなく、これは速写ケースは無理なのか...と頭を抱えてしまいました。(この時点で速写ケースがないLX2になんの意味があるんだ という位の気持ちに。)

もしかして、どこかに中古で良いから売っていないかと、楽天で何度かキーワードをいれて検索しましたが空振り。正直、途方にくれました。(この時点では、頭から速写ケースのことを忘れよう忘れようと努めるようにしていたのですが、それも出来ずにウロウロと...時間ばかりがすぎて...)

キーワードを何度変えて検索したでしょう。ふと、出てきた検索覧に見て覚えてしまった姿形の写真が...。
ある?...すぐにその販売のサイトへ...売り切れ。
はぁ。やはりないのか...。昔、販売していたサイトなのかな...
そこに購入された方のレビューがあったので、ちょっと閲覧。
あれ?レビュー日が今年。
ということは、最近まで売られていた、まだ最近まで造られていた可能性がある...と頭の中は巡りました。

そこで、そのお店へ‘再販の予定はありませんか?’とメールを送ったのです。
丁寧なショップさんで、30分ほどですぐに返事を頂きました。
‘再販の予定はありません。が、サンプル品がひとつあるので、それで良ければ...’というありがたいお言葉。

正直、安いものではないので、ほんの少し悩みましたが、すでにLX2とこのカクヨウさんの速写ケースは私には一体のものであるとなっており、譲って頂くお願いをしました。

それが、下の写真。


ケース1

ケース2

送られてきた荷物の中に、お店から、この速写ケースをどれだけ誇りにしているかわかる、丁寧な直筆の文章も添えられていました。
この速写ケースを大事にしないといけないなと思いました。

正直、本当に正直なところ、LX2より速写ケースが一番貴重なものと思われ
この速写ケースを紹介したく、ブログ記事にしたようなものです。(LX2を本当に愛されている方、申し訳ありません。)

この速写ケースに入れられる Leica がほしくなったかな(またまた、LX2を本当に愛されている方、申し訳ありません。)
でも、無理だなぁ...(少ない貯金が目減りしていく毎日ですから...今回も不相応な買い物をしたかもしれない...)

スポンサーサイト

テーマ:30代のライフスタイル - ジャンル:ライフ


ブログ内検索

スポンサードリンク

アフィリエイト・SEO対策

FC2BLOG