プロフィール

tetsu

Author:tetsu
空間設計堂のセカンドブログサイト、クラシーココチです。ファーストブログよりは少しお気楽な方向で取り組んでいます。住宅設計をしているtetsuが興味をもった暮らしに役立つアイテム、生活に彩りを与えるデザイングッズ、インテリア用品などを紹介していたりします。時々、仕事を離れた時事ネタや身の廻りで起こったことについて感想などを書き溜めます。

ご紹介アイテム・記事

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク






ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クラシ-ココチ
インテリア用品、デザイン家具・小物・グッズ 、ファッションに関するものetc...日々の暮らしに彩りをそえ、こだわりのライフスタイルを演出するグッズ、アイテムを主に紹介します。時々、仕事を離れて時事ネタなども書いていきます。
胃の調子
今日は完全に個人的な記録のためのブログ記事。

2月の後半くらいの土曜のお昼に、家族と廻りすしへ。
一年ほど前に軽い胃潰瘍になってから、外食がきつくなり、その日も廻りすしなら量を計算できるので
廻りすしを選んだわけなのです。それでまあまあ食べられて店を後にしました。
しばらくすると、胃が急激に重く感じられ、気を許すと吐いてしまうのではないかという状態に。
その日はなんとか胃の苦しさを耐えたのですが、それ以降、食事、特に外食時に食べ始めると胃がすぐに重くなる症状となってしまいました。

この状況は厳しいので、医者へ行ったわけですが、胃カメラ検査しても、私の胃の中は多少の荒れ、凸凹があるそうですが、悪そうな状態ではないとのこと。そこで診断されたのは機能性ディスペプシアという、私には聞きなれない病。


機能性ディスペプシアは昔でいう神経性の胃炎のようです。ストレスが原因とか。

1年半程前、私にとって大きな仕事の現場が始まった頃から、確かに胃の調子が悪くなりました。
その時は、軽い胃潰瘍との診断を受け、ピロリ菌除去(ピロリがいたのです。子供の頃井戸水飲んでいたことが原因かも)や胃潰瘍の薬をしばらく飲み、食事にも気をつけながら、なんとか過ごしていました。
今年になって、その大きな仕事も終わり、やれやれとしていたところで今回の症状。
大きな仕事が終わって、ストレスがなくなったのでは、とも思うのですが、今までのダメージが気の緩んだところで一気に来たのかもしれません。

調べると、なかなか改善に時間がかかる病のようです。
ネットで機能性ディスペプシアの掲示板を見ると、私と同じような症状の書き込みが見受けられます。なかなか皆さん苦しんでいる様子。
よく読むと、私の症状はまだ軽い部類のようです。(処方された薬を飲んで、食べるものや量さえ気をつければ、自宅での食事はまあまあ食べられているので。普段の仕事に支障をきたすこともないですし。)

私の場合、症状が顕著なのは外食時。
そこそこ食べられるかなという胃の状況の感じで、お店に行くのですが
お店に近づくと、胃が段々重くなってくるのです。
で、食べ始めると、急に満腹感を感じ苦しくなって、食べられなくなるのです。
ネット掲示板にもありましたが、その場で嘔吐してしまうのではないかという恐怖を感じ
早くその店を出たくなります。いっしょに行った家族が食べ終わるまで待つ時間は私にとって非常に厳しい時間となっています。(普通なら子供がおいしそうに食べている様子は、うれしく見ていたいものなはずなのにです。)
この状況が更に私のストレスになってしまっているような気がします。何か悪循環な感じです。

大きな仕事が終わって、その仕事仲間と打ち上げするかと考えていたのですが、なかなか厳しい。
同窓会の案内なんか来ていたのですが、行くかどうか悩みました。(会費はもったいないけど、飲み食いをしなければ良いのかなと。)
家族と楽しい外食が出来ないのは、まったく厳しい。

とにかく、現在のこの状況を記録に留めておいて
これから、この症状とどうやって付き合っていくか考えたいと思います。
(日に5杯くらい飲んでいたコーヒーを気兼ねなく飲める日が来るでしょうか...今は1杯も飲んでいません。年をとると健康に関するブログネタが増えそうですね。)










スポンサーサイト

テーマ:40代のエンジョイライフ - ジャンル:ライフ


ブログ内検索

スポンサードリンク

アフィリエイト・SEO対策

FC2BLOG